2015年

12月

20日

レクチャーシリーズ「Meeting Point 10」

2015年4月より毎月テラス計画で開催している「Meeting Point」は、「まちの未来を考える」をテーマにアートやまちづくりの分野で活躍しているゲストをお招きする連続レクチャーです。表現活動や地域活動を 担う人材育成と、ネットワークの構築を目的に、学びと出会いの合流地点(ミーティングポイント)をつくっていきます。

◎ 今月のMeeting Point

10回目は菊池宏子氏(コミュニティデザイナー/アーティスト)をお招きして、アメリカにおける美術大学の教育と美術普及活動の紹介や、日本でのアートとコミュニティデザインを活かした地域づくりや人づくりについてお話いただきます。第二部ではモデレーターと会場も交えながら、これからのアートとまちづくり、コミュニティデザインの展望について考察していきます。

 

◎ Meeting Point 10「Creative Placemaking: みえないことを可視化すること」

 

講師| 菊池宏子(コミュニティデザイナー/アーティスト)
モデレーター|  酒井秀治(まちづくりプランナー/株式会社ノーザンクロス)
         高橋喜代史(アーティスト/一般社団法人PROJECTAディレクター)

日時| 2016年1月22日(金)19:00〜21:00(開場18:30)
料金| 一般予約1000円(当日1500円)

    学生予約500円(当日1000円)※会場で学生証をご呈示ください。
定員| 30名
会場| 眺望ギャラリー[テラス計画] 
住所| 札幌市中央区北2条西4丁目 札幌三井JPビルディング 赤れんがテラス5階
主催| 札幌駅前通まちづくり株式会社 http://www.sapporoekimae-management.jp/
共同企画| 一般社団法人PROJECTA

 

お問い合わせ|

TEL| 011-211-6406(札幌駅前通まちづくり株式会社:今村)
mail| info@projecta.or.jp(一般社団法人PROJECTA:赤坂)

◎ 今月の講師プロフィール

菊池宏子(きくち ひろこ):NPO法人インビジブル マネージングディレクター(2015〜)/日米クリエィティブ・エコロジー代表(2011〜)
1990年に渡米し、ボストン大学芸術学部彫刻科卒、米国タフツ大学大学院博士前期課程修了(芸術学修士)。マサチューセッツ工科大学・リストビジュアルアーツセンター初年度教育主任、エデュケーション・アウトリーチオフィサー、ボストン美術館プログラムマネジャー等、美術館や文化施設、まちづくりNPOにて、エデュケーション・プログラム・ワークショップ開発・リーダーシップ育成、コミュニティ・エンゲージメント戦略・開発、そしてアートや文化の役割・機能を生かした地域再生事業など多数携さわってきた。現在は東京を拠点に活動。わわプロジェクト、あいちトリエンナーレ2013、森美術館などで従事。その他武蔵野美術大学、立教大学兼任講師、NPO法人アート&ソサエティ研究センター理事なども務めている。

◎ 終了したMeeting Point