2015年

4月

28日

レクチャーシリーズ「Meeting Point2」

2015年4月よりテラス計画ではじまるMeeting Pointは、「まちの未来を考える」をテーマにアート/エリアマネジメントの分野で活躍しているゲストを毎月お招きする連続レクチャーです。表現活動や地域活動を担う人材育成とネットワークの構築を目的に、学びと出会いの合流地点(ミーティングポイント)をつくっていきます。

◎ 今月のMeeting Point

Meeting Point 2回目のゲストは相馬千秋氏。国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー」初代プログラム・ディレクター、横浜の舞台芸術創造拠点「急な坂スタジオ」初代ディレクター等を歴任したのち、2014年に芸術公社を発足。Meeting Point 2第一部では、舞台芸術を中心としたこれまでの活動紹介と、芸術公社の発足にいたる契機と組織づくり、今後の活動内容についてお話しいただきます。第二部ではモデレーターと共に来場者も交えながら、インディペンデント(個)とパブリック(公)を繋ぐ新しい公共とは何か?芸術と社会の関係について考えていきます。

 

◎ Meeting Point 2「芸術と社会の関係を更新する ー芸術公社の理念と実践から」


講師:相馬千秋[アートプロデューサー/特定非営利活動法人 芸術公社 代表理事]
日時:2015年5月15日(金)19:00 〜 21:00

定員:30名 ※お申込み方法は下記からご確認ください。定員になり次第終了。
料金: 一般予約1000円(当日1500円)/ 学生予約500円(当日1000円)※学生証をご呈示ください。
会場:眺望ギャラリー[テラス計画]/札幌市中央区北2条西4丁目 札幌三井JPビルディング内
   赤れんがテラス5階( 3階で「眺望ギャラリー」専用エレベーターへ乗換)
主催:札幌駅前通まちづくり株式会社

企画:PROJECTA

モデレーター:酒井秀治[まちづくりプランナー/株式会社ノーザンクロス]
       高橋喜代史[アーティスト/ PROJECTA]

お問い合わせ:

mail:info@projecta.or.jp(PROJECTA:赤坂)
TEL:011-211-6406(札幌駅前通まちづくり株式会社:今村)

◎ 今月の講師プロフィール

相馬千秋(そうまちあき):アートプロデューサー、特定非営利活動法人芸術公社代表理事。国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー」初代プログラム・ディレクター (2009-2013年)、横浜の舞台芸術創造拠点「急な坂スタジオ」初代ディレクター(2006-2010年)等、文化庁文化審議会文化政策部会委員(2012年-2015年)等を歴任。2012年r:ead(レジデンス・東アジア・ダイアローグ)を立ち上げ、アジアにおけるコミュニケーション・プラットフォームの創出に着手する一方、国内外で多数のプロジェクトのプロデューサー、キュレーター、プログラム選考委員、審査員、理事等を務めている。早稲田大学、リヨン第二大学大学院卒。(photo: Naoaki Yamamoto)

特定非営利活動法人芸術公社:2014年11月に発足。「芸術が今日の時代と社会に応答し、未来に向けて新たな公共理念や社会モデルを提示しうるものであるという認識のもと、同時代芸術に関わる事業の企画および実施を通じ、日本およびアジア地域の芸術文化振興に寄与する」というミッションの達成のため、①「あたらしい公共」を提案し、体現する ②時代と社会に応答するあらたな芸術の方法論を提唱し、実践する ③異なる専門性を持つディレクターによるコレクティブ ④アジアにおけるプラットフォームを目指す という4つの方針を掲げ、国内およびアジア各地でのプロジェクトを展開している。

◎ 前回のMeeting Point