2015年

4月

14日

レクチャーシリーズ「Meeting Point 1」

2015年4月よりテラス計画ではじまるMeeting Pointは、「まちの未来を考える」をテーマにアート/エリアマネジメントの分野で活躍しているゲストを毎月お招きする連続レクチャーです。表現活動や地域活動を担う人材育成とネットワークの構築を目的に、学びと出会いの合流地点(ミーティングポイント)をつくっていきます。

◎ 今月のMeeting Point

「Meeting Point」 1回目のゲストは、東京アートポイント計画のディレクター森司氏。東京アートポイント計画は、東京の様々な魅力を創造・発信することを目指したプロジェクトで、アートプロジェクトの実施の他、運営を担う人材育成、事業の記録や評価の研究など、持続可能性をもった活動拠点の形成を目的にプロジェクトを推進しています。「Meeting Point 1」第一部では、東京アートポイント計画の成り立ちと変遷や、活動を続けるなかで見えてきた課題や成果、今後の展望などを話していただきます。第二部ではモデレーターと共に来場者からの質問を交えて、まちとアートの未来について考えていきます。

 

◎Meeting Point 1「東京から文化を発信するプロジェクト」


講師:森司[アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)]
日時:2015年4月30日(木)19:00 〜 21:00
定員:30名 ※お申込み方法は下記からご確認ください。定員になり次第終了。
料金: 一般予約1000円(当日1500円)/ 学生予約500円(当日1000円)※学生証をご呈示ください。
会場:眺望ギャラリー[テラス計画]/札幌市中央区北2条西4丁目 札幌三井JPビルディング内
   赤れんがテラス5階( 3階で「眺望ギャラリー」専用エレベーターへ乗換)
主催:札幌駅前通まちづくり株式会社

企画:PROJECTA

モデレーター:酒井秀治[まちづくりプランナー/株式会社ノーザンクロス]
       高橋喜代史[アーティスト/ PROJECTA]

 

お問い合わせ:

mail:info@projecta.or.jp(PROJECTA:赤坂)
TEL:011-211-6406(札幌駅前通まちづくり株式会社:今村)

◎ 今月の講師プロフィール

森司(もりつかさ):1960年愛知県生まれ。公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京事業推進室事業調整課長。東京アートポイント計画の立ち上げから関わり、ディレクターとしてNPO等と協働したアートプロジェクトの企画運営、人材育成プログラムを手がける。2011年7月より「Art Support Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)」のディレクターも務める。

東京アートポイント計画について「東京アートポイント計画」は、人・まち・活動をアートで結ぶことで、東京の様々な魅力を創造・発信することを目指しています。まちなかにある様々な地域資源を結ぶアートプロジェクトを、アーティストと市民が協働して実施・展開することで、それらを可能にするプラットフォーム(=人的資源・拠点・ネットワーク)を形成し、地域社会の担い手となるNPOを育成します。アートプロジェクトを実施するばかりではなく、活動を地域社会のなかで持続可能なものにするために、Tokyo Art Research Labにおいてアートプロジェクトの運営を担う人材を育成するとともに、事業の記録や評価を見据えた運営サイクルを研究・開発し、そのメソッドを広く社会に開いていきます。主なプログラムに「TERATOTERA」「小金井アートフル・アクション」「としまアートステーション構想」「アートアクセスあだち 音まち千住の縁」など。