札幌駅前通まちづくり会社では、「空間活用によるにぎわいづくり」「個性豊かなストリート文化の創出」「安全・安心・快適な環境整備」「将来のまちづくりを担う人材育成」「駅前通地区・札幌・北海道の魅力発信」の5つの柱のもと、チ・カ・ホやアカプラ、テラス計画、コバルドオリなどを活用したさまざまな活動を行っています。

代表的な取り組み

< チ・カ・ホ >

●チカチカ☆パフォーマンススポット

札幌駅前通地下歩行空間及び札幌市北3条広場にパフォーマンスで交流る賑わいをつくりだすために、大道パフォーマンス、音楽活動、美術系活動に活動場所を無料で提供します。オーディション(半年に1度開催)の上、活動ライセンスを発行しています。


●Public Art Research Center[PARC]

パブリックからアートを考え、アートからパブリックを考える Public Art Research Center[PARC]は、1日約7万人が通る地下歩行空間の広場を舞台に、現代のパブリックアートとパブリックスペースを多角的に考察していくアートプロジェクトです。


●kuraché(クラシェ)

「暮らし」×「マルシェ」の意味で、北海道らしい暮らしに新たなシーンを提案するマルシェです。多彩なテーマに沿って、こだわりを持ったつくり手が出店します。


●北海道イベントインフォメーションボード

「さっぽろ・北海道の魅力発信」を目的とし、地域のお祭りやイベント情報を掲示できるスペースです。


●Public "Play"ces Project

"学び"の基本は"遊ぶ"こと。
公共空間(Public Places)で遊ぶ・楽しむ(Play)イベントを行い、親子の居場所やコミュニティの創造を目指すプロジェクトです。


●SAPPORO PERFORMANCE PARTY

選りすぐりのパフォーマーが全国から集結し、札幌駅前でパフォーマンスのおもてなしをします。
上質なパフォーマンスが複数の会場で繰り広げられ、エリア全体の一体的なにぎわいを実現します。また、来街者に各会場をまわっていただき、エリアの回遊性の向上を目指しています。


<アカプラ>

●サッポロフラワーカーペット

「フラワーカーペット」は、花びらや自然素材を用いて1つの大きな絵を作り上げるイベントで、ベルギーの首都ブリュッセルでは、2年に1度大きな祭典も開かれます。
札幌では2014年に第1回が開催され、毎年市民ボランティアや近隣地域の方々とともに、色とりどりの花絵を制作しています。


●さっぽろ八月祭

2015年に札幌駅前通地区に誕生した「まちのお祭り」です。赤レンガが敷き詰められたアカプラを、市民の皆さまから寄せられた布を縫い合わせた鮮やかな大風呂敷で彩ります。生バンドの演奏で楽しむ盆踊りをはじめ、一般公募によるメンバーが即興演奏するオーケストラSAPPORO!など、楽しい企画が盛り沢山です。


●さっぽろユキテラス

アカプラを舞台に、”雪と光”をモチーフにして札幌の冬の魅力を発信するプロジェクトです。
札幌の冬に降り積もる雪は時に厄介者として扱われますが、見方を変えると美しく、このまちの特徴と言える大切な資源です。その資源をアーティストの創造力で魅力的に演出し、サイトスペシフィックな体験を提案します。


<駅前通>

●眺望ギャラリー「テラス計画」

多くのアーティスト、デザイナー、学生、ビジネスパーソンの参画により、眺望のみならず、人々が自由に交流し、札幌らしい生活・芸術文化の計画・提案が行われる『創造の場』を目指しています。主な活動として企画展示やレクチャー、ワークショップなど行っています。


●Happy Tree Street

「ふゆのまち歩きを楽しく」をコンセプトに、「Happy Tree(装飾したツリー)」を札幌駅前通の各施設の軒先に飾り、クリスマスや季節の雰囲気を広げておもてなしをする取り組みです。


●アカプラリー

アカプラリーでは、アカプラを軸として、札幌のメインストリート「札幌駅前通」と開拓使通「北3条通」が交わる当エリアで、隣接する商業施設との連携により、新たなにぎわいづくり、地域連携による地区のさらなる活性化を図ります。


●コバルドオリ

札幌駅前通地区の仲通りの魅力を新たに発信する試みです。
新たな通りの文化創出を目指し、地場の事業者や若手起業家による飲食店舗のほか、都心部に新たに店舗を構えていきたい事業者に向けたチャレンジショップ、イベント等も実施できるコミュニティスペース「コバル計画」を開設し、まちを面白くするプレイヤーがつながりあう交流の場として運営しています。


<その他>

●CLT仮設店舗[ウッド・キオスク・プロジェクト]

全国初となる北海道産カラマツ材を使用したCLT工法(クロス・ラミネイテッド・ティンバー=直交集成板)により製作した、屋外イベント向け「CLT仮設店舗」を開発しました。


●Think School

まちづくりとアートを学びながら、自分の好きなこと、やりたいことを「見つける」「深める」「伝える」技術を磨く学校です。
アートマネジメントとまちづくりの手法から企画の組み立て方を学ぶ「企画コース」とアーティストとキュレーターから作品制作と展示の基礎を学ぶ「制作コース」の2つのコースがあります。


●まちのこそだて研究所「gurumi」

gurumiでは、まちで働く幼い子を持つお母さん、お父さん、子どもに関わるすべての人とともに、働きながらどう子育てしていくのかを研究します。研究内容は、子育てに関する多角的な学びや「ちょっと聞いてほしい」「ちょっと聞きたい「それ、わかる」という共感など、子育てに関係するあらゆるもの・ことです。


過去の取り組み

●つながるショップ

生産者と消費者をつなぐ交流の場として道産素材にこだわった特産工芸品などを商品開発します。対面形式でご北海道の素敵なものをPRします。


●越山計画

越山計画は、「つくる・まなぶ・であう」ことを目的とした期間限定のスペースです。建替えのタイミングでぽっかり空いてしまったビルやその一部スペースを使って、いろいろな人たちが出会い、催し物などを行うことができる「まちの交流の場」をつくりました。


Meeting Point

2015年4月より毎月テラス計画で開催している「Meeting Point」は、「まちの未来を考える」をテーマにアートやまちづくりの分野で活躍しているゲストをお招きする連続レクチャーです。表現活動や地域活動を 担う人材育成と、ネットワークの構築を目的に、学びと出会いの合流地点(ミーティングポイント)をつくっていきます。